歩く姿がとても可愛い、愛嬌も有り不動の人気「ダックスフンド」

目 次

ダックスフンド 「ハウンド・グループ」

 ダックスフンドの特徴は、胴長短足で体長が体高の2倍もあります。
ダックスフンドの「フント」は「ハウンド」の同意語で、元来「狩猟犬グループ」に属する犬です。
ダックスフンドの原産国はドイツで、パセット・ハウンドと共通の祖先を持つと言われています。

ダックスフンドってどんな犬?

ダックスフンドは小獣狩りを得意とする犬で、主にアナグマ狩りをするための犬種で足が短いことは都合が良かったのです。

ハウンド・グループ」の犬は、「視覚ハウンド」と「嗅覚ハウンド」に二分されるが、ダックスフンドは典型的な「嗅覚ハウンド」に属します。

ダックスフンドは毛質が「スムース」「ロング」「ワイヤー」の3タイプがあります。
「スムース」は短毛タイプ「ロング」は毛が長いタイプ「ワイヤー」はシュナウザーやテリヤ系の(写真上右)3タイプです。性格もそれぞれ違うと言われ、「スムース」は人なつっこく明るくて、活発「ロング」はおとなしく手甘えん坊「ワイヤー」はヤンチャで好奇心旺盛でいたずら好き。

でも、個体によってそれぞれ性格は違うので、かなりアバウトな判断基準として見て頂ければ良いと思います。

ダックスフンドは毛質だけでは無く、サイズも3種類ありこれはアナグマ狩りを行うために小型化されたためです。
一番大きな「スタンダード」日本では一般的な「ミニチュア」もっと小型な「カニンヘン」です。
穴に住む動物を狩りするには、小さな穴を掘り起こすための短い足が好都合です。アナグマより小さなウサギやテン、ネズミを狩るために小型化されました。

この胴長短足の体型のため、椎間板ヘルニアになりやすく、また太りやすい体質な為に長い胴体の重みを支える事がきつくて椎間板ヘルニアになることもあります。

ダックスフンドの概要

短足なため散歩は短距離で良く、愛情が深く遊び好きで警戒心がほどほどにあるので人気は高い。

体格説明

頭部

頭部は長く、目は中くらいの大きさでアーモンド型。鼻は黒く、耳は付け根が高く後頭部に位置し、幅広い垂れ耳。マズルは長く先に行くほど少しずつ細くなっている。

ボディ

頚(クビ)は筋肉質で筋肉質で長く、背真っ直ぐで長い。胸は幅広で突出している。
臀部(デンブ-尻)は幅が広く、少し湾曲型。

四肢

四肢(4てあし)共短い。前腕は少し内側に湾曲気味で、後肢と共に筋肉質。

付根が高く背線の延長線で、根元は太く先端は細い。

被毛

スムース:短く滑らかで光沢がある。
ロング:絹状で比較的柔らかい毛質で、若干ウェーブ気味。
ワイヤー:硬い毛質で、あまり長毛では無い。

毛色

単色ではレッド、イエロー、クリーム、シェーテッド・クリームで、2色、3色はブラック・タン、チョコレート・タン、ダップル等がある。

購入、飼育に必要データ

ミニチュア・ダックスフンド仲良く2匹でお散歩

下の表はダックスフンドの飼いやすさの目安です。「状況判断」~「訓練好き」の6項目は5を満点とした指標です。
一般的に言われている情報からのデーターです。性格は毛質により違ってます。

個体別でも性格や感情が違いますので、大枠で見てください。

毛 質スタンダードミニチュア
スムース人なつっこい人なつっこく忠実で明るい
ロング温圧温厚、甘えん坊で若干神経質
ワイヤー気が強い陽気、好奇心旺盛

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目 次
閉じる